teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. オリジナル原理主義(3)
  2. NHKってやつは(2)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


十一と夏代の競演

 投稿者:スガヒロ  投稿日:2016年 4月24日(日)10時45分21秒
  今、youtubeで「大岡越前」の第一シリーズ第7話「濡れぎぬ」が見れます。約45年前の作品ですが、お二人の共演が
感慨深いものがあります。youtubeは直ぐに消される事が多いので、見るなら今がチャンスです。
 
 

久しぶりに覗いてみました

 投稿者:GARA  投稿日:2016年 4月22日(金)14時17分48秒
  とうとう、十一も夏代も稲葉先生も・・・・三人共旅立たれましたね。寂しい限りです。今も落ち込んでます。  

調布

 投稿者:十一  投稿日:2016年 4月 6日(水)23時21分54秒
  みさとさん。コメントありがとうございます。ローカルかつ地味な話題で恐縮です。かつては「映画のまち」と言われた調布ですが、日本映画の衰退とともに、その感は薄くなっています。スタジオや関連企業が多く集まっていることは確かですが、どちらかというと今は映像製作のプロのまちと言ったほうがよいかもしれませんね。『雑居時代』のロケ地を保存しておくとか、もっと工夫すればよいかと思うのですが(笑)。

 

喫茶店

 投稿者:みさと  投稿日:2016年 4月 5日(火)12時57分27秒
  十一さん。いつも楽しい話題、興味深い話題有難いございます。黄色い電灯カバー良いですね。
昔のドラマにはよく喫茶店が出てきましたね。それほど生活に密着していたのでしょうね。
今だとお茶を飲むにしてもお店のタイプも色々で選択肢がいっぱい、コンビニで済ませたりもありますね。でも当時の喫茶店の映像って何故か心が安らぎますね。
 

第20話の喫茶店

 投稿者:十一  投稿日:2016年 3月31日(木)22時19分39秒
  『雑居時代』第20話。秋枝と十一が恋人芝居をした喫茶店。明るい光が差し込み、窓の外にはさわやかな緑。一体、ロケ地はどこなのでしょうかね? ロケ地の楽しみ(18)

http://juichi-ohba.blogspot.jp/2016/03/18.html

 

出演者情報

 投稿者:zakkyo  投稿日:2016年 3月22日(火)15時37分40秒
編集済
  雑居時代14話「失礼しました!」に出演した水野哲さんのツイッターです。
https://twitter.com/walrus_japan
https://twitter.com/tetsu_mizuno
 

”今こそ石立鉄男”

 投稿者:笹舟  投稿日:2016年 3月14日(月)23時55分55秒
  nisimurasanさん、皆さん、お久しぶりです。

長らくご無沙汰していましたが、まだ生きています(笑)
時々拝見しては、皆さんのやりとりや、十一さんの詳しいロケ地情報も楽しく読んでおりました。

今朝の朝日新聞の文化・文芸欄に「今こそ石立鉄男」というタイトルの記事があり、雑居時代についても記述があったので、嬉しくなって何年かぶりに書き込みに来ました。

松木さんや、ユニオン映画の元社長、荒木さんの言葉もあり、石立さんの苦悩についても触れていて、「身を削りだしてファンを喜ばせてきたその苦しさはいかばかりだったか」とありました。そして、石立ファンは良く知っていることですが、渥美清さんを尊敬していたと・・・。

記事の中には、少し納得できない部分もありましたが、それでもこういう風に取り上げてもらえるのは、ファンとしてはとても嬉しいことです。

石立さんが天国に旅立ってから、もうすぐ9年になりますね。
もっともっと長く生きて、舞台やドラマで軽妙な演技を見せて欲しかったとあらためて感じます。







 

リメイクまじ?

 投稿者:MANDOM  投稿日:2016年 3月12日(土)23時56分58秒
  タイトル通りです。雑居のリメイクってマジですか?期待値ゼロなんですけど…  

ある日わたしは、ロケ地

 投稿者:十一  投稿日:2016年 2月28日(日)23時01分39秒
  現在、CSで放映中の『ある日わたしは』(NTV、1967年)。松木ひろし氏が脚本を担当し、後にユニオン映画へ移籍した千野皓司氏や手銭弘喜氏などが監督をしています。『あいつと私』と並び、ユニオン・石立ドラマの源流ともいうべきドラマです。

このドラマの楽しみは何と言っても、ふんだんに取り入れられているロケ撮影です。50年前の東京の風景には、わくわくさせられます。第15話では、南青山3丁目交差点にあった「VAN」ショップが登場しました。アイビー・ファッションの火付け役、あの「VAN」の看板が映った時には、少なからぬ感動を覚えましたね。

駒場東大前に赴き、ロケ地を写真に収めました....

http://juichi-ohba.blogspot.jp/2016/02/blog-post.html

 

おひかえ

 投稿者:恵太郎  投稿日:2016年 2月17日(水)22時07分37秒
  私も56歳さん、あらためてありがとうございます。
ストリートビューで駐車スペースはやり直した後っぽいですね。
階段の壁面とかドラマの頃と違う部分もありますが、面影だけでも残ってくれてるのがありがたい。
池西邸をGooglemapで探す時、住所を知らなかったので12話で競馬好きの男が自転車で駆け下りてくるシーンがあったので、池西邸の外観と坂だけを目安にしてGooglemap散歩して探したんですよね。

あと、こんな事解るのか疑問なんですけど、おひかえ6話で薫が焼き芋を買って食べるシーンにフェアレディZが映り込んでいるのが偶然と思えないんです。
菊枝と(ケンちゃん)が4話で猪太郎のベットを買いに行く前にケンちゃんを呼び出した喫茶店でもフェアレディZが映り込んでるんですよね。
でも梅子の車はたぶんコロナマークIIですよね。
スポンサー関連とは考えられないので、やっぱり偶然なのか…
どなたか解る方いらっしゃいますでしょうか?


 

レンタル掲示板
/122