teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:703/2096 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

第2回星なかまの集い

 投稿者:やっさん  投稿日:2012年 1月30日(月)21時49分11秒
  通報 返信・引用
  先週土曜日(28日)、姫路で開かれた「星なかまの集い」に参加してきました。
こういう集まりに参加するのは初めてなので、少々不安があったのですが、
当掲示板に書き込みしてくださるゆらさんとご一緒できたので、不安は吹っ飛んでしまいました。

当日は姫路駅でゆらさんと待ち合わせ、感激の対面。
街角観望会までまだ時間があったので、ゆらさんと姫路城方面へ歩きながらいろいろとお話を伺いました。
ゆらさん所有の機材のこと、シリウスBのこと、アイピースのことなどなど。
いずれも私には刺激的でした。

街角観望会は17時20分ころからスタート。
大型ドブや12cm屈折、大型のシュミカセなどが並ぶ。
なかでも異彩を放っていたのは大型の反射双眼望遠鏡です。
月を見せていただきましたが、確かに立体的に見えるように感じました。
観望会は大盛況でした。おそらく初めて望遠鏡で月を見たと思われる男の方が
両手の指で輪をつくりながら、「おい、クレータが見えるぞ! お前も見てみー」と
息子さん(?)に興奮しながら声をかけていたのが印象に残りました。

街角観望会のあとはアストロノミーパブという交流会が行われました。
神戸大学の名誉教授の方をお招きしてお話を聞きながらお酒を飲むというものでしたが、
いざお話が始まると、内容に引き込まれて多くの方の飲み食いする手が止まっていました。
私はゆらさんの隣に座り、眼視の楽しみ、小口径屈折の面白さ、美しい重星などについて語り合いました。
同じテーブルには松江星の会の方々がおられ、見映えのする重星を紹介してほしいということでしたので
ゆらさんと私で145CMa、32Eri、ζOriを紹介しましたが、
今から思うとζOriは気流が悪いと途端に見難くなるので外した方がよかったかなとも感じています。

交流会は2時間ほどでお開きに。もっと飲んでいたかったのですが仕方ないですね。
ゆらさんはカプセルホテルに宿泊されるということでお別れしました。
グループの方は姫路の街中へくり出したようですが、単身参加の私は大人しく部屋に戻りました。

あっという間の1日でしたが、日ごろ星のこと、しかも重星のことなど語り合うことなどありえないので、
本当に楽しい時間を過ごすことができました。

最後に、ゆらさん、ご一緒いただきありがとうございました。
星雲星団を交響曲に、重星をピアノソナタにたとえられていたのがとても印象に残っています。

※こんな大切な機会に私は名刺を持たずに行ってしまいました。
 ゆらさんをはじめ名刺をいただいた方、大変失礼いたしました。
 
 
》記事一覧表示

新着順:703/2096 《前のページ | 次のページ》
/2096